損を小さく

徒然なるログ > 教育 > 損を小さく

損を小さく

2015年2月17日(火曜日) テーマ:

FX取引をはじめたばかりの方が相場の勘所を捉えるためには、まず取引を積んでいく事が重要です。

 

とりわけ、先に危険性を予期するようにするには、ポカを積むことも体験のひとつです。

 

ただし、失敗するといっても、やり直しが効かないほど大きな過ちをする事は論外です。

 

取り返しが付く負けを何回も重ねる事が、結果として自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

こう考えるとまず最初は少ない資金で売買を行い、そこで何度か小さめのミスをすることをおすすめする。

 

一例として、100万円だけしか投資資金がない状況で深く考えずに一円も残さないで賭けてエントリーすると、損した時永遠に取り返せないリスクがあります。

 

そのため、10万円ずつ売り買いして、それでトレードを経験した方が着実に負けを回避する方法なども身についていくはずである。

 

まず最初に小さな額で投資することの良い点は自分自身の経験を増やし、損を避ける方法を身につけることにあるが一緒に、売買の回数を重ねて、偶然を削減できるという長所もあります。

 

たとえば、1回あたりの売り買いで儲けられる確率が5割だとしよう。

 

言い換えると、同じだけ負ける危険性もあります。

 

勝率50%ということは2回に1回の可能性で利益が出る事を意味している。

 

だがしかし、全財産を投じて1度だけの勝負をするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これはたんに賭博と同じです。

 

要するに、全ての投資資金をつぎ込んで1回しか仕かけないと、これでは大損する危険性が高まってしまいます。

 

それだけに、投資するお金を1度にすべて投じるのではなく何度かに分けて、機会を多くすることがリスク回避となります。

 

同時に何度かに分けたとしても、すべての取引で勝つ事は不可欠ではありません。

 

と言うよりは、勝てないのが実際です。

 

不可欠なのはいかにプラスに出来るかです。

 

勝半5割でもさらに3割でも儲ける事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもその収益が少額ならば、3割の勝利の儲けで上手に儲ける事が出来ます。

 

そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損益が出たら即ロスカット注文して反対に勝てる時は出来るだけ大きく儲けることが、外国為替証拠金取引の経験の浅い方が外国為替証拠金取引で勝つための方法です。

 



関連記事

損を小さく

損を小さく

2015年2月17日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)